ヒロイン(CV:玄田哲章)

■ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション Quest 02「孤高の戦士」

会長に続く二人目のヒロイン、アイカ登場回。
色々発言と行動が痛い子ですが、本物のアークスが何らかの任務でゲーム内から実体化していると考えれば説明も…つくのか?
アイカがゲームにログインしているっぽい状況でアイカの部屋はもぬけの殻でしたし、普通にプレイしてるわけじゃなさそうです。(vita勢の可能性もありますが)
イツキのストーキングが任務っぽいですが、イツキにストーキングするだけのどんな価値があるのか。とりあえずトイレまでストーキングする意味はあったのか。

しかし仮にアイカが本物のアークスだとしても、軍人口調には違和感があります。
アークスって規律のある軍隊って感じではなく、皆好き勝手自由にやってるフリーランスって感じですよね…。
NPCにも軍人口調のキャラっていなかった気がしますし。
まあ、esの新ストーリーでも「あれ?」と思う個所はありましたし、アークスという組織自体の設定が曖昧なのかもしれません。

今回はアニメ世界で一般的に普及しているエーテル通信なる謎の通信技術と、それを利用するESKというOSにPSO2がプリインストールされているという設定も語られました。Windowsのマインスイーパー感覚でPSO2がPCに入っている感じでしょうか。
エーテル通信なる謎の技術がゲームのEP4にも絡んでくるんでしょうか。

色々考察もしますが、基本はヒロインのSOROさん(CV:玄田哲章)に萌えるネタアニメというスタンスで間違いなさそうです。


■牙狼 -紅蓮ノ月- 第15話「心月」

ホモ回。
紅蓮の月のタイトル回収となる回でしたが、あの月は何なんでしょう。また凄いホラー復活の前兆とかなんですかね。

ヒロイン登場と見せかけてその週に月に帰って行った『かぐや』も再登場するっぽいですが、やはりこっちがヒロインなんでしょうか。
一方、ヒロインだと思ってた星明は闇堕ちフラグ立てて離脱しちゃいましたね。

凄まじく微妙だった序盤からそこそこ持ち直した感はあります。主に作画的な意味で。
ストーリーは相変わらず微妙に感じます。
というか一番重要であろう1話で何故ベストを尽くさなかったのか…。

前作の炎の刻印が特撮含むGAROシリーズで屈指の出来だっただけに、どうしても比べてしまいます。

しかし、どうにも主人公が好きになれません。
自分が弱いのを棚に上げ、命を救ってくれた星明を責めたり。なんか牙狼の鎧もパワーアップしましたが、レオンが真の牙狼になった時みたいな感動は無かったなぁ…。


■遊☆戯☆王 ARC-V 第89話「強襲!オベリスク・フォース」

ギャグのような登場シーンからの、相変わらず酷い積み込みとワンパターン戦術のデュエルを展開するオベリスクフォース。
1回デュエル済みなのに全く対策が出来ず負けそうになる月影さん、デュエルじゃマジで無能。

それにしても素良はいつの間にこんなに浄化されたんでしょうか。前作のベクターのせいでイマイチ信用できませんが。

しかし主人公の出番少ないなぁ…。


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。