デュエル三昧

■マビノギデュエル

ドハマりしているので箇条書き。布教したいけど布教先にあまり心当たりがない。

※山札が存在しないのでドローが無い
当然手札事故がありません。
勝敗が引きに左右されることがありませんが、他の部分でランダム要素があるので結局運には左右されます。
ドローが無い事に関しては一長一短な気がします。

※デッキは12枚
必要枚数がかなり少ないのでカードを集める際は助かります。
たった12枚のデッキですが、墓地のカードをライフを支払って再利用して戦います。
デッキ


※資源について
ゴールド、自然、マナ、光、闇の5つの資源があり、それぞれカードに対応した資源を消費してカードを使用でき、1つのデッキで使用できる資源は1~3種類までです。
自分ターンの最初に自分が所持しているカードの属性の種類分の資源獲得できます。1属性なら1ポイント、3属性なら3ポイントという感じ。

このゲームは対戦相手との資源の削り合いで勝敗が決するので、どう頑張っても単属性<2属性<3属性の方が有利です。
普通この手のゲームは多属性を使うと手札事故起こすので好まれないんですが、このゲームは手札事故ありませんのでデメリットもあまり無いです。
一応、ゲーム開始時とレベルアップ時に得られる資源、自然回復以外で資源が欲しい時に選ぶ追加資源が『1/手持ち属性の数』になるのでコントロールし難くなるというデメリットはあります。ここはランダム要素ですね。
デメリットではありますが、どの資源が増えても困らないデッキ構築をすればカバーできる範囲で、資源カツカツになるのに対戦相手と毎ターン何もしなくても1~2の資源差が開くんじゃ勝てません。

なので、正直2属性以下のデッキは弱いです

使用属性が単属性の場合のみ使える強力なカード追加したり、使用属性数が少ないと資源の自然回復にボーナスついたりしてもいい気はします。

CPU戦

※ランダム部分
前記の資源関連。
カード効果で召喚されるモンスターの位置。(もしかしたら法則性あるのかも)
ランダムダメージの振れ幅。
モンスターをランダムで召喚する効果・・・etc

※カードの隠された効果
カードテキストに明記されていない効果がある。
○○を召喚する等と書かれている召喚先のクリーチャーの能力が書いてなかったり、変身すると書かれていても変身後の能力が書かれていなかったり。
デジタルのカードゲームらしい部分ですが、ちょっと不親切。

シェールちゃん

怪盗ダークキャットってなんだよとツッコミたくなります。


※ミュータントの存在
ミュータントパックという既存のカードの属性違いやレベルが±された謂コンパチものカードを扱ったパックがあります。(本来闇属性のスケルトンの自然属性版など)
対戦では相手の使用している資源で次の手を予想するのですが、思わぬミュータントに奇襲されたりします。

ミュータントパックは2時間に1回更新、ミュータントパックに実際入っているミュータントカードは25種類中1種類のみなのでミュータントを多数所持しているプレイヤーは廃課金プレイヤーだと考えていいでしょうね。無課金微課金と廃課金で差がつくとすれば、このミュータントの存在だと思います。
まあ構築の幅が広がる程度で今のところミュータントの有無が勝負を決めるという状況は少ないんじゃないでしょうか。


※カードの入手
・常設で全てのG1カードが手に入る入りG1パック(約300円5枚)
・アリーナである程度上位に入ると購入権利のクーポンが貰える先行販売のG2パック(約300円5枚)
・毎日更新でG1パックの中からランダムで選択された24枚とG1+限定カードが封入されたG1+パック(約300円5枚)
・2時間毎に更新されるG1パックの中からランダムで選択された24枚とミュータントカード1種が封入されたミュータントG1パック2種(約300円5枚)

・ピックアップされた25枚のカードの中からゲーム内通貨のゴールドを使用して1枚手に入るゴールドパック
・デイリーミッションクリアで5枚から1枚(ダイヤ6個追加でさらに1枚持ち帰ることが可能)
・トレードで入手(ローカル通信限定、疑似的にトレードをしてくれるNPC有)
・ログインボーナスで入手
・アリーナ入賞でパック入手


赤が課金要素、青が無課金要素。無課金でもかなりカードの入手機会が多いです。
カードバランスも単純な下位互換が無いような方向性なのでレア必須ゲーにはならなそうです。
最高レアリティの☆4は現状ぶっちゃけロマン枠で、採用機会が少ないんですが、☆3や☆2には有用カードが多いのでこの辺りは必須には近いかもしれません。割とトレードNPCを通して入手機会が多いので何とかなります。

パックを買う際は、基本的に普通のパックを買うよりG1+やミュータントパックに欲しいカードがピックアップされた時に狙う方が良さげです。狙ったものが出やすいので。

この手のゲームには珍しいトレード機能も搭載されています。最近ではほとんどのソーシャルゲームでRMT対策としてトレード機能は実装されていないのですが、このゲームでは位置情報とソウルリンクという交換相手と実際対面しないと行えない交換システムを導入したことで、RMT対策をしたトレード機能を実装しています。実際かなり素晴らしいシステムだと思うんですが、リアルでマビノギデュエル仲間がいないです。地味にカードの交換回数に上限もあり4回交換されたカードはボロボロ扱いになってトレードできなくなります。
救済措置として高頻度で(というか画面を切り替えるたびに)トレードを持ち掛けてくるNPCがいます。

※糞猫
ぼっちプレイヤーにトレードの機会を与えてくれる神のようなNPC。
その言動や交換レートを無視した所謂シャークトレードでプレイヤーから憎しみを込めて糞猫と呼ばれています。

持ち掛けてくるトレードのほとんどがこちらに不利なシャークトレードなんですが、やたら遭遇回数が多いので20回に1回くらいは役立つカードを持ってきてくれます。無課金、微課金プレイヤーのカード集めにはなくてはならない強い味方です。
ただし、こいつと交換して手に入れたカードはボロボロで2とトレードには使用できません。やっぱり糞猫。

糞猫

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。