撮り溜めするけど観だすと気になる

■遊☆戯☆王 ARC-V 82話「究極の隼vs黒羽の雷(くろはねのいかずち)」

随分と長い事、胸糞の悪い展開が続いています。
果たしてここまで主人公を追いつめる必要があるのか。案の定、遊矢もエンタメする余裕がなくなっています。
基本的に人の生き死にや世界の命運が掛かる戦いメインの遊戯王で、人を楽しませるエンターテイメントデュエルを追及するという主人公のコンセプト自体にやはり無理がある気がします。

そんな悩める主人公を尻目に好き勝手やりまくっている人気キャラの黒崎さんがシンクロ次元の最後の良心であるクロウと対戦。
シンジの一軒で遊矢に不信感を持ってしまったクロウ。遊矢と対戦して和解というのはシンクロ次元では必須イベントだと思うので、黒崎さんは負けるんだろうなとは予想していましたが…。黒崎さんが「もうやめろ!」とか突然叫びだしたりツッコミどころが多すぎる展開に。黒崎さんが初めて笑ったなぁ…。
遊矢も嬉しそうだったけど遊矢本人はなんの誤解も解けてないんですよね、黒崎にもユートのカードパクったヤツくらいにしか思われてないし。

そろそろスカっとする展開が欲しい所です。


■機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 7話「いさなとり」


主人公機が300年前の機体ということで、性能的に圧倒的なわけではないというのはガンダムシリーズでは珍しい設定ですよね。7話でも敵モビルスーツにスピードで圧倒されていましたし。
敵のパーツを奪ってパワーアップしていくというコンセプトのようですが、バルバトスがどこまで強い機体になるのかは楽しみです。

人間関係では最初は三日月とオルガには主従関係があるのかと思っていましたが、どうにも共依存の関係っぽいですね。どちらにしても健全ではありませんし、ビスケットにも若干引かれてたように見えましたが。
ヒロインはクーデリアもアトラも可愛いですね。俺はアトラ派ですが。


■ワンパンマン 7話「至高の弟子」

コミック全巻買いました。WEB漫画を原作に商業化という特殊なスタイルのせいか、話のペースは遅いですね。
ぶっちゃけほぼ全話WEB上で読めるのですが、コミック限定の1話完結の番外編が収録さているので損はなかったと言い聞かせています。基本戦闘描写が真面目に書き込まれたギャグ漫画という印象です。
人気があるというだけあって中二心をくすぐられる漫画でした。

7話の「文句があるなら言ってみろ聞いてやる」のシーンはかなり好きです。「一件落着だな」のとこはどうかと思いますが。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。